入居時の流れと注意点

次に、引越し先での流れと注意点を確認します。引越し先についたら、業者はすぐに作業にかかります。作業はやはりお任せでよいのですが、どれをどこに置くのかについては、自分たちで指示しないといけません。当日迷うことのないように、あらかじめ家具の配置や、どの荷物をどこに置くかを決めておきましょう。エアコンの取付を業者にお願いしている場合は、取り付け位置も事前に決めておいてください。移動が簡単なものなら後から自分で移動しても構いませんが、大きな家具等を後で自分で配置換えするのはとても大変です。一通り運び終えたら、トラックの中に運び残しがないか自分で確認してください。(トラックに荷物が残るトラブルは少なくないようです)。
荷物の開梱については、引越してすぐに必要なものとそうでないものがありますので、引越してすぐに使うものは、あらかじめダンボールに印をつけておき、すぐにわかるようにしておきましょう。置き場所を迷っているものや、アルバム等の思い出の品は、片付けるのに時間がかかりますので、後回しにした方が無難です。空けられるダンボールからさっさと空けていき、とにかくダンボールの数を減らしていきましょう。それから、早いうちに家具や食器に傷や破損がないかもチェックしておいてください。引越しから時間が経ってから気づくと保険がきかなくなってしまいます。引越し見積もり相場の高い業者は、これらのアフターサービスが手厚いようです。
引越し後の手続き関係の確認です。役所で転入届、年金等の手続き、子ども手当等の補助金の手続きをまとめてすませてしまいましょう。また、忘れてはならないのが、運転免許証の住所の書き換えです。警察署で早めにすませてしまいましょう。それからこれは必須ではありませんが、引越ししたことを友人・知人に連絡する転居届も送っておいた方がよいでしょう。
一段落したら、あとは新しい環境に慣れるだけです。市外への引越しの場合は、ゴミ出しの規定や曜日をまず確認しておきましょう。引越ししてからしばらくはごみが多めに出ます。(使用済みダンボールは引き取ってくれる業者もあります)引越してみてから家具が合わなかったり、整理のために新しい収納が必要になったりもしますので、引越し先の近所のホームセンターやインテリアショップ、100円ショップ等もリサーチしておくとよいでしょう。