退去時の流れと注意点

これまで、引越し料金、引越し見積もり相場についてみてきました。次はいよいよ、引越し当日(退去時)の流れと注意点について確認していきます。業者の人が来たら、すぐに挨拶をしてバタバタと作業が始まりますので、身支度や食事は来る前に手早く済ませてしまいましょう。運び出しは基本的に業者にお任せすれば手際よくあっという間に運んでくれますが、掃除等もありますので、汚れても大丈夫な服装をしておきましょう。賃貸の場合は、きれいに掃除してから明け渡さないといけませんので、空いた部屋から順に手早く掃除していきましょう。当日は結構ゴミも出ますので、ゴミ袋も忘れずに用意しておいてください。掃除機も使いますので、掃除機の詰め込みは最後にしましょう。運搬作業は業者に任せておいて問題ありませんが、万が一盗難や破損等のトラブルがあったときのためにも、その場は離れないようにしてください。また、業者が運搬時につけた傷等は保険がききますが、自分で運搬してついた傷等は保険はききませんので、下手に手を出さない方が無難です。ガスの閉栓は立ち会わないといけませんので、引越しの合間のあいた時間にすませましょう。賃貸の場合は、退去時のチェックを管理人が行いますが、(これに基づいて敷金がひかれ、その後戻ってきます)これも立ち会わないといけません。このとき、きれいに掃除をしておくと印象が良くなります。鍵も忘れずに返しましょう。運び出しが完了したら、全ての部屋を見て運び忘れがないかチェックしましょう。トイレやお風呂場も忘れずに確認してください。屋外に置いてある自転車や三輪車、物置やベランダの荷物も忘れやすいので、注意してください。それから、これは当日というより前日までに済ませておきたいことですが、荷物が入る前に新居の方の掃除・防虫対策をしておいた方が良いでしょう。いずれも荷物が入ってしまうと行うのが困難になります。特に引越し先の物件が古かったり、低層階の場合は、入居する数日前にバルサン等で害虫を駆除しておいた方が無難です。それから、賃貸の場合は、水回りや扉の開閉に不備はないかまず確認し、問題がある場合は速やかに管理人に連絡して直してもらいましょう。内装の傷やへこみ等もチェックしておき、できれば日付入りの写真で記録しておくと、退去時のトラブルを回避することができます。