引越し業者の選び方とは

ここまで、見積料金が出てくるまでの流れをみてきました。ここまできたら、あとは業者を選び、実際の引越しの作業に入るだけです。では、業者を選ぶときのポイントは何でしょうか。
引越し業者と一口に言っても、いくつかのタイプにわかれています。アート引越しセンターやサカイ引越しセンター等の全国規模の大手企業、クロネコヤマトや日本通運等の宅配業と引越し業を兼ねている企業、それぞれの地域で展開している中小企業等です。大手企業は、基本的にスタッフの対応がきちんとしている、サービスが手厚い等のメリットがありますが、引越し見積もり相場が高めというデメリットがあります。サービス面の充実度に重きを置くファミリー層ては、大手企業から選ぶ方も多いでしょう。また、移動が他県や他地域等長距離になる場合は、全国ネットワークを持っている大手企業や宅配業者だと安心して任せることができます。宅配業者は会社によって差がありますが、運送で培った全国ネットワークが魅力でしょう。地域で展開している中小企業は引越し見積もり相場は安いですが、サービス面の充実度はやはり大手に劣ります。移動が市内や県内等近距離の場合は、地域に根ざした企業にお願いした方が良い場合もあるかもしれません。
インターネットの口コミで調べれば、各社のメリット・デメリットはでてきますが、どの業者も賛否両論、「良い」という人もいれば、「悪い」という人もいます。訪問見積をとるときの最初の2~3社の絞り込みについては、以上のことをふまえ選べば良いと思いますが、最終的な業者の評価については、利用者が実際接する営業マンや作業員の質に直結します。結局人対人なので、どの業者であっても対応するスタッフの質で判断されるのです。当日の作業員については、業者を選んだ後のことなのでどうにもなりませんが(良い作業員に当たるよう祈るしかありません)、最初の電話の対応はどうだったか?営業マンは誠実であるか?
見積もりの内容に不透明な箇所はないか?等、前評判に流されずに自分の目でチェックして選ぶことが大切です。自分の身の回りの人の体験談やインターネットの口コミは参考にはなりますが、あくまで参考にして、自分で見極めて相性の良い業者を見つけましょう。