引越し見積料金の仕組み

それでは次に、実際に見積料金が決まるまでの流れをみていきましょう。
まず一番手っ取り早いのは、無料の料金見積サイトで一斉に複数の会社から見積もりをとることです。自分で一社一社に電話して見積もりをとるのはとても大変な作業ですので、こういったサイトを活用すると便利です。業者によっては、特典を設けていることもありますので、要確認です。「引越し」「見積もり」で検索すると、無料の料金見積サイトがいくつも見つかります。そこで、引越しの詳細(移動距離や、家具や荷物の具体的な量等)を入力すると、複数の引越し業者に一斉にその内容が届き、各社から大まかな見積金額がメールで送られてきます。自分の大体の引越し見積もり相場がつかめるでしょう。この段階では決まっていない項目もあるでしょうが、入力した内容ができるだけ細かい方が、より正確な見積もりが出てきます。そしてメールとほぼ同時期に電話もかかってきます。(引越し業界は競争が激しいので、入力してから驚くほど早く連絡があります。)詳細についてお尋ねしたいので、訪問見積をさせて頂きたいのですが…といった内容です。訪問見積は無料でしてくれますので、遠慮せずに複数の業者に来てもらいましょう。訪問見積に来た営業マンは、実際に運送する家具や荷物を目で確認し、細かい条件について話をしてからその場で見積もりを出します。このとき、事前にいらない家具等はリサイクルセンターで処分するなどしておくと、節約にもなりますし、見積もりを出す際にも間違いが少なくなるかもしれません。このときには細かい内訳が提示されますので、しっかりとチェックしましょう。
引越し費用の内訳は、基礎運賃・基礎作業量、実費、付帯サービス料の合計です。基礎運賃・基礎作業料は国土交通省の規定があり、それに基づいて決まっています。実費というのは、ダンボール代や作業料、高速道路代等のことを指します。
付帯サービス料というのは、エアコンの取付やピアノの設置、不要品の処分等にかかる費用のことです。作業予定日、作業時間帯、スタッフの人数、運送手段、移動距離、運送量、建物構造(エレベーターの有無等)が価格に影響してきますので、要確認です。各社サービス内容が異なりますので、必ず複数の業者に見積もりを出してもらい、比較をするようにしましょう。自分の引越しで必要な条件について満たす業者はどこなのか、正確に比べることができます。