引っ越し相場が高い3月、安く引っ越しをするのは無理なの?

引っ越しは1年を通じて行われていますが、中でも3月は人の移動が最も多い月であることから引っ越し件数も多くなる月だといわれています。
ですからこの時期に引っ越しをするというのは、引っ越し費用を安く抑えられないだけでなく自分が希望する日時に引っ越しができない可能性が非常に高くなります。
しかしそれでもできるだけ引っ越し費用を安く済ませたいというのが大半の人の本音ではないでしょうか。

ここではそんな人たちのために、格安でも対応が良く安心して引っ越しを任せられる業者選びのコツとぼったくり業者に引っかからないコツをお話ししたいと思います。
・3月の引越し料金の相場を調べるなら→引越し価格ガイド

3月に引っ越しする必要がある人というのは、進学や就職、転勤といった社会システム上避けられない事情を抱えた人がほとんどだと思います。
大半の企業や学校はこうしたことが3月の終わりに集中しているため、どうしても3月の引っ越し依頼件数は大幅に増加し問い合わせも殺到してしまいます。
引っ越し業者側としてはこの時期は何もしなくても仕事が入ってくるわけですから、当然あえて料金を下げるというような努力はしません。
そのため3月は引っ越し料金が他の月に比べて高くなるというわけなのです。
中には10万円程度で済むような引っ越しでも、この時期に限っては3倍近い料金で見積もりを出してくる業者もあるようです。
とはいえ、3月も他の月同様に引っ越し料金は業者によってかなりばらつきがあるため、「3月は絶対に引っ越し料金を安く抑えることができない」というわけではありません。
忙しい3月の中でも、3月上旬から中旬の週半ば、火~木曜日あたりであれば、比較的安い料金で引っ越しをすることができます。
反対に引っ越し料金がバカ高くなるのは土日および3月14日を過ぎたあたりからです。
誰もそんな時期に引っ越しはしたくないものですが、3月中旬を過ぎないと新居に入居できなかったり転勤などの会社の事情でやむを得ないケースはあると思います。
そんな時はとりあえず一番安い見積もり料金を提示した業者をキープしておくようにしましょう。
キャンセル料も通常引っ越し予定日の2日前までならばかからないため大丈夫です。
またクロネコヤマトや日通など大手引っ越し業者が提供している引っ越しサービスに「単身パック」というものがありますが、これは専用のボックス単位で荷物を輸送するというスタイルの引っ越しプランであり、料金はボックスの数と距離に応じて決まります。
そのため通常の引っ越しに比べると季節による大きな料金変動がないため、トラックを貸し切る単身プランに比べて安くなる可能性は十分考えられます。
場合によっては料金が非常に高い大手引っ越し業者でも予約がキャンセルされて急に空きが出たことで安い料金で引っ越しをしてくれるという、いわば棚ボタ的なケースに出会うこともあるでしょうから、 3月でも焦らずじっくりと業者を選ぶことで引っ越し料金を安く抑えられる可能性は十分あります。
・3月の引越し料金の相場を調べるなら→引越し価格ガイド