引越し見積もり相場の実情

今まで引っ越し業者による引っ越しの経験があるという人はたくさんいると思いますが、実は引っ越し料金の相場というのは変動するということをご存知でしょうか?
たとえばこちらのサイトを利用すると、今現在の相場を手っ取り早く調べることができます。
相場を調べるなら→引越し価格ガイド


ここで賃貸マンションやアパートの契約を考えてみたいと思います。
賃貸マンション・アパートの契約というのは大半が月末締めであることから、月末めがけて引っ越しが行われることが多くなります。
こうした経験をしたことがあるという人は少なくないと思います。

しかし引っ越し業界というのは仕事が集中すればするほど相場が上がるという暗黙のルールがあるのです。
繁盛期になれば当然人でも足りなくなりますので臨時でアルバイトを採用したりトラックを増やしたりする関係ももちろんあるとは思います。
基本的に、混雑時は通常時の20~50%増しの料金になると言われています。
大手の引っ越し業者の中にはそれ以上、もしくは2倍以上も高額な料金設定をしているところもあるようです。
特に3~4月というのは学生・社会人共に新生活がスタートする時期であり、引っ越しが最も多くなることから、引っ越し料金の相場も最も高くなります。
できることならこの時期を避けてなるべく引っ越し費用を安く済ませたいという思いは誰にでもあると思いますが、新生活を迎えるためには致し方ない部分もありますよね。
そのうえ週末はさらに料金が高くなると言われています。
これは、社会人であれば仕事が休みになる土日や祝日に引っ越しを済ませたいという人が多くなるため当然であると言えます。しかし忙しいとそれに反比例してサービスの質は下がってしまいがちです。
そのためなるべくサービスの品質を求めるという意味でも、平日に引っ越しをするのがお勧めです。そのほうが臨時アルバイトも少ないため、社員が責任を持って作業をしてくれる可能性が高いです。
また先程も触れましたが、賃貸の契約上どうしても月末や月初めに引っ越しをするケースが多くなりますが、可能であるならば月中に引っ越しを済ませるのがお勧めです。
これは少しでも引っ越しの費用を安く抑えるためにはとても大切なことです。
まとめると、引っ越し費用を抑えるためにはできるだけ暇な季節の月中くらいの平日に引っ越しを済ませる、というのが一番のポイントであると言えます。
これは費用だけでなく、接客などサービスの品質を求めるうえでも言えることです。

ところで引っ越しにかかる費用は平均してどのくらいだと思いますか?
実のところ、業者の見積もりというのは高いところと安いところに二分化される傾向があります。
例えば平均して10万円かかるとしても、7万円の見積もりを出すところと15万円の見積もりを出すところが多くなるという感じになります。
ですので平均の金額はあまり当てにはなりませんので、引っ越し予定日の各業者の料金をそれぞれ細かく見ていくことがとても重要です。
相場を調べるなら→引越し価格ガイド

引越しを考えているけれども、経験がなくて不安、そんな方はいらっしゃいませんか?
ここでは、そういった不安を払拭できるよう、引越しの色んな疑問点についてお答えしたいと思います。
引越しを考えているときにまず気になるのが、見積料金の相場です。それなりにまとまった費用がかかりますので、できるだけ安く抑えたいものですよね。
一言で言ってしまうと、引越し見積もり相場というのはあってないようなものです。
というのは、引越しの価格は様々な要因によって左右され、ケースバイケースだからです。
引越し業者にも様々なタイプがありますし、引越す距離や荷物の量等によっても変わってきます。
例えば、単身者で荷物が少なく、市内などの近距離の場合は5万円以下で収まることもありますし、ファミリーで荷物が多く、他県、他地域など遠距離の場合は20~30万円くらいかかることもあります。
また、時期や条件によっても価格は変動します。繁忙期の3~4月や9~10月は、閑散期の1.5倍から2倍になることもあります。
さらに細かく、1日のどの時間帯(午前か午後か、指定なしか)で作業をお願いするかでも価格は変わります。
引越しプランも色々あり、荷物の梱包、開梱を自分で行うプランもあれば、それら全部おまかせするというプランもあります。
また、オプションでエアコンの取付、ピアノの設置、不要品の処分等を請け負ってくれるところもあります。
これらのオプションは当然有料ですので、地味に料金に影響してきます。
それから、各社によって移動手段も異なりますので、これも価格に影響します。
引越し前の場所から引越し先まで全て自社トラックで運んでしまう業者もあれば、途中貨物列車に詰め替える業者もありますし、引越す場所によってはフェリー等特殊な手段が必要な場合もあるでしょう。
運送手段は、荷物の状態にも影響してきますので、(例えば車から列車に詰め替える等の作業が途中で生じると、荷物の紛失や破損のリスクが高くなる)業者にしっかりと確認しておくと良いでしょう。
このように、見積料金には様々な要素が反映されますので、自分にとって一番良い引越しの条件を事前にきちんと整理しておくとよいでしょう。項目が多いので、紙に書き出しておけば、確認もれも少なくてすむかもしれません。